【Ableton Liveの使い方】超簡単にグリッチサウンドを作る方法

 

トラックメイカー/ベーシストのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)です。

 

今回は、ableton liveの使い方で「オートパンで作る即席グリッチ」というテクニックをご紹介します。

「グリッチ系のブチブチしたサウンドを作ってみたいけど、Beat Repeatの使い方がまだよく分からない」という人にオススメのテクニックです。

 

スポンサーリンク

【Ableton Liveの使い方】オートパンで作る即席グリッチ

このパッド音のグリッチはオートパンで作りました。

ビートリピートは使っていません。

即席グリッチ有りVer.

 

即席グリッチ無しVer.

 

「グリッチサウンドを作ってみたけど、ビートリピートが難しい」という人にオススメのテクニックです。

では早速、やり方をご紹介します。

 

オートパンの設定

まずはオートパンをインサートします。

 

波の形が分かるように、ひとまず「Amount」「50%」にしておきます。

 

「波形」「ランダム」にします。

 

「Width」「0%」にします。

 

ひとまずこれで完成です。

 

エフェクト無しVer.

 

もう少しクセが欲しいので、他のパラメーターを調整します。

 

アマウントは全体的な掛かり具合

アマウントで全体的な掛かり具合を調整します。

「DRY/WET」みたいな感じです。

試しに「Amount」を「100%」にしてみます。

 

50%の時よりも全体的な掛かりの強さが増していますね。

 

シェイプはクセの強さ

シェイプでクセの強さを調整します。

「Shape」を「50%」にした状態。

 

「Shape」を「100%」にした状態。

 

シェイプの数値を上げていくと、揺れが大きくなる感じがします。

 

レイトはグリッチの速さ

レイトでグリッチのスピードを調整します。

「Rate」を「8.00Hz」にした状態。

 

「Rate」を「20.0Hz」にした状態。

 

「Rate」を「90.0Hz」まで設定できますが、壊れたラジオみたいな音が出たのでここにはアップしません(笑)

 

まとめ

「オートパンで作る即席グリッチ」というテクニックをご紹介しました。

即席グリッチ有りVer.

 

即席グリッチ無しVer.

 

「グリッチ系のブチブチしたサウンドを作ってみたいけど、Beat Repeatの使い方がまだよく分からない」という人にオススメのテクニックです。

簡単にできるので、是非試してみてください。

この記事がAbleton liveの使い方として参考になれば幸いです。

 

それでは。トラックメイカー/ベーシストのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)でした。

ableton liveに関する記事一覧はこちら。

Youtubeに無料で使えるトラックをアップしています。

 

 

サウンドハウス

Ableton live
スポンサーリンク
情報を確実にお届けするためにブックマークとフォローをお願いしています
I Love Fat Bass

コメント