【Ableton Liveの使い方】トラック関係のショートカット

 

今回は、Ableton Liveのトラックに関わるショートカットを10個紹介します。

制作スピードを上げるためには、ショートカットを覚えるのが必須です。

インスピレーションを逃さないためにも0.1秒でも作業スピードを上げましょう。

という事で、早速紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

1.オーディオトラックを挿入

「Cmd + T」

トップ画面のセッションビュー。

 

Cmd + Tを押すと新規オーディオトラックを挿入できます。

 

2.MIDIトラックを挿入

「Cmd + Shift + T」

先ほどのオーディオトラックを挿入した画面。

 

Cmd + Shift + Tを押すと新規MIDIトラックを挿入できます。

 

3.リターントラックを挿入

「Cmd + Alt + T」

先ほどのMIDIトラックを挿入した画面。

 

Cmd + Alt + Tを押すと新規リターントラックを挿入できます。

 

4.トラック名を変更

「Cmd + R」

名前を変更したいトラックをセレクト。

 

Cmd + Rを押すと名前を変更できます。

 

とりあえず「1」と入力。

 

Enterで決定。

 

5.次のトラック名を変更

「Tab」

トラックの名前を変えてEnterを押すと変更が決定されるのですが、別のトラックも続けて変更したい時にショートカットキーを使う事で簡単に出来ます。

 

「1」と入力。

 

Tabを押すと次のトラックの名前を変更できます。

 

6.トラックのグループ化

「Cmd + G」

トラックのグループ化といって、複数のトラックをまとめて1つのトラックのように扱えるようになる機能があるのですが(僕はドラムトラックは必ずグループ化します)、それにもショートカットキーがあります。

 

先ほどの画面に新たにMIDIトラックを挿入した画面。名前も変更してあります。

 

まとめたいトラックをセレクト。下の画面では「2」と「3」を選択しています。

 

Cmd + Gを押すとグループ化できます。

 

7.グループ化の解除

「Cmd + Shift + G」

解除したいグループトラックを選択。

 

Cmd + Shift + Gを押すとグループ化を解除できます。

 

8.グループ化されたトラックを隠す

「-」

隠したいグループトラックをセレクト。

 

を押すと格納する事が出来ます。

 

9.グループ化されたトラックを表示

「+」

表示したいグループトラックをセレクト。

 

+を押すと表示する事が出来ます。

 

10.トラックのミュート

「0」

ミュートしたいトラックを選択。

 

0を押すとトラックをミュート(無音状態)する事が出来ます。

 

・まとめ

「Cmd + T」– オーディオトラックを挿入

「Cmd + Shift + T」– MIDIトラックを挿入

「Cmd + Alt + T」– リターントラックを挿入

「Cmd + R」– トラック名を変更

「Tab」(トラック名が入力されている状態で) – 次のトラック名を変更

「Cmd + G」– トラックのグループ化

「Cmd + Shift + G」 – グループ化の解除

「-」– グループ化されたトラックを隠す

「+」– グループ化されたトラックを表示

「0」– トラックのミュート

 

一気に覚えるのは大変だと思うので、少しずつ使って覚えていきましょう。

暗記するというより、身体に覚えさせるイメージで手を実際に動かす事が大切です。

 

それでは。ベース講師/トラックメイカーのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)でした。

 

「takutils」という名義でテクノ系のトラックを配信していますので是非聴いて下さい。
気に入ってくれたら「buy」という所から投げ銭してもらえると嬉しいです(会員登録不要で出来ます)。

Ableton live
スポンサーリンク
情報を確実にお届けするためにブックマークとフォローをお願いしています
I Love Fat Bass

コメント