【Ableton Liveの使い方】グリッド関係のショートカット

 

今回は、Ableton Liveのトラックに関わるショートカットを7個紹介します。

制作スピードを上げるためには、ショートカットを覚えるのが必須です。

インスピレーションを逃さないためにも0.1秒でも作業スピードを上げましょう。

という事で、早速紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

1.グリッドを狭める

「Cmd + 1」

トップ画面のセッションビュー。ドラムトラックを立ち上げた状態です。

 

クリップを挿入するためにセルをダブルクリック。

 

グリッド内のどこかをクリックして、水色の線が表示されているのを確認。

この線が無いとグリッド関係のショートカットコマンドが効かないので気をつけて下さい。

 

Cmd + 1を押すとグリッドの幅が狭くなります。1/16→1/32になります。

 

2.グリッドを広げる

「Cmd + 2」

先ほどのグリッド幅が1/32になっている状態。

 

Cmd + 2押すと、グリッド幅が広くなり1/32→1/16になります。

 

更にCmd + 2押すと、グリッド幅がまた広くなり1/16→1/8になります。

 

3.3連符グリッド

「Cmd + 3」

先ほどのグリッド幅が1/8になっている状態。

 

Cmd + 3を押すと3連符のグリッドになり、1/8Tという表示になります。

 

4.グリッドに吸着

「Cmd + 4」

Cmd + 4を押すと、グリッドをOFFにする事が出来ます。

これにより、音の配置をかなり細かく調整する事が出来ます。

例えば、ビートを組む時に「スネアをほんの少しだけズラしたい」といった場面で有効なショートカットです。

 

5.固定グリッド/ズーム倍率に応じたグリッド

「Cmd + 5」

最初の1/16の状態。

 

Cmd + 5を押すと、かなり細かくなります。

 

その時にどれくらいズームしているかによって、細かさが変わるようです。

クリップを2小節の表示までズームしてCmd + 5を押すと、先ほどよりも細かくなります。

 

6.ドラッグ中のスナップ動作を一時的に無効にする

「Cmd」

打ち込んだMIDIの移動はグリッドをOFFにしない限り、基本的にはグリッドに沿ってしか移動させる事が出来ません。

 

上のMIDIを移動させようとすると、マスに沿ってピッタリと移動します。

 

ですが、MIDIをドラッグしている時にCmdを押すと、押している間だけグリッドを無視する事が出来ます。

 

状況に応じてCmd + 4と使い分ければ、打ち込みのスピードが上がります。

 

7.ドローモードに切り替える

「B」

Bを押すと、右上にある鉛筆マークが光り、マウスのカーソルが鉛筆マークに変身します。

これをドローモードと言います。
(画面のキャプチャーの都合でマウスのカーソルが表示されていませんが、通常は表示されます。)

 

ドローモードにする事により、MIDIを打ち込む時にダブルクリックをしないで済みます。

1回クリックをすれば、該当箇所にMIDIが打ち込まれ、もう1回同じ箇所をクリックすれば打ち込んだMIDIが消えます。

よりスピーディーに制作できますね。

 

・まとめ

1.「Cmd + 1」– グリッドを狭める

2.「Cmd + 2」– グリッドを広げる

3.「Cmd + 3」– 3連符グリッド

4.「Cmd + 4」– グリッドに吸着

5.「Cmd + 5」– 固定グリッド/ズーム倍率に応じたグリッド

6.「Cmd」– ドラッグ中のスナップ動作を一時的に無効にする

7.「B」– ドローモードに切り替える

 

一気に覚えるのは大変だと思うので、少しずつ使って覚えていきましょう。

暗記するというより、身体に覚えさせるイメージで手を実際に動かす事が大切です。

 

それでは。ベース講師/トラックメイカーのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)でした。

 

「takutils」という名義でテクノ系のトラックを配信していますので是非聴いて下さい。
気に入ってくれたら「buy」という所から投げ銭してもらえると嬉しいです(会員登録不要で出来ます)。

Ableton live
スポンサーリンク
情報を確実にお届けするためにブックマークとフォローをお願いしています
I Love Fat Bass

コメント