【Ableton Liveの使い方】セッションビューのショートカット

 

今回は、Ableton Liveのセッションビューに関わるショートカットを7個紹介します。

ableton live最大の特徴であるセッションビューにも、更に制作スピードを上げるためのショートカットコマンドがあります。

インスピレーションを逃さないためにも0.1秒でも作業スピードを上げる事が大切です。

という事で、早速紹介していきたいと思います

 

スポンサーリンク

1.選択したクリップの再生

「Enter」

トップ画面のセッションビュー。一番左のDrumトラックが選択されている状態です。

 

再生させたいクリップを選択。

 

Enterを押すと再生。

 

また、矢印キーで別のクリップを選択する事が出来ます。

で隣のBassのクリップを選択した状態。

 

Enterを押してBassのクリップを再生

 

マウスを使って選択・再生も出来ますが、コンピューターキーボードでの操作も覚えておくと便利です。

 

2.クリップをコピー

「Alt + ドラッグ」

「Cmd + C」、「Cmd + V」でも良いのですが、もっと簡単にコピー出来ます。

コピーしたいクリップを選択。

 

Altを押しながらコピーしたい場所にドラッグすると簡単にコピー出来ます。

 

3.MIDIクリップを挿入

「Cmd + shift + M」

MIDIクリップを挿入したい場所を選択。

 

「Cmd + shift + M」を押すと新しいMIDIクリップを挿入出来ます。

 

マウスをダブルクリックする事でも挿入出来ますが、コンピューターキーボードでの操作も覚えておくと便利です。

 

4.シーンを挿入

「Cmd + I」

先ほどのMIDIクリップを挿入した画面。

 

「Cmd + I」を押すと新しいシーン(横列)を挿入出来ます。画面の右側を見ると「9」というシーンが挿入されているのが分かります。

 

5.キャプチャーしたシーンを挿入

「Cmd + shift + I」

「キャプチャーしたシーン挿入する」とは、例えば「DrumとBassだけのクリップがあるシーンを作りたい」という時に有効なコマンドになります。

今回の例だとDrumとBassを選択して「Cmd + shift + I」を押すと選択したDrumとBassだけのクリップがあるシーンを挿入することが出来ます。右側の「10」というシーンがそうです。

 

6.複数のクリップをコピー

2番目に紹介したクリップをコピーするコマンドは複数のクリップにも有効です。

例えばDrumとPadの2つのクリップをコピーしたい場合。

まずDrumのクリップを選択。

 

「Cmd」を押しながらPadのクリップを選択。

 

Altを押しながらコピーしたい場所にドラッグすると複数のクリップを一度にコピー出来ます。

3番目のシーンにコピーされているのがそうです。

 

7.選択したクリップを無効化/有効化

「0(ゼロ)」

「このクリップ要るかな?」といった時にクリップを消すという選択肢もありますが、「やっぱり消さなきゃ良かった!!」という事もあるかと思うので、そういう時は「0(ゼロ)」を押しクリップを無効化するのがオススメです。

不要なクリップを選択。「Pad」の一番下のクリップを選択しています。

 

「0(ゼロ)」を押すとクリップが無効化。

 

やっぱり必要な時はまた「0(ゼロ)」を押せばすぐに復活します。

 

・まとめ

1.「Enter」 –  選択したクリップの再生

2.「Alt + ドラッグ」 –  クリップをコピー

3.「Cmd + shift + M」 –  MIDIクリップを挿入

4.「Cmd + I」 –  シーンを挿入

5.「Cmd + shift + I」 –  キャプチャーしたシーンを挿入

6.「Cmd」+「Alt + ドラッグ」 –  複数のクリップをコピー

7.「0(ゼロ)」 –  選択したクリップの無効化/有効化

 

一気に覚えるのは大変だと思うので、少しずつ使って覚えていきましょう。

暗記するというより、身体に覚えさせるイメージで手を実際に動かす事が大切です。

 

それでは。ベース講師/トラックメイカーのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)でした。

 

「takutils」という名義でテクノ系のトラックを配信していますので是非聴いて下さい。
気に入ってくれたら「buy」という所から投げ銭してもらえると嬉しいです(会員登録不要で出来ます)。

Ableton live
スポンサーリンク
情報を確実にお届けするためにブックマークとフォローをお願いしています
I Love Fat Bass

コメント