メッセージ

レッスンに興味があるけど悩んでいる方へ私からのメッセージです。

私の過去や何故レッスンをやっているのかを書いています。

長文なのでお時間がある時に読んでいただけたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

下手くそ(笑)と馬鹿にされた高校時代

私は高校生になってからエレキベースを始めました。

それまでは楽器の経験は無かったのですが行動力だけはあり、軽音楽部に入部してすぐさまにバンドを結成し文化祭デビューをしました。

が、結果は散々で友達からは「下手だね(笑)」と馬鹿にされてしまいました。

悔しくて教則本を買ったりしてたくさん練習しました。

ですが、教則本を見ても「これって、こうで合っているのかな?」という疑問がたくさんあり思うように進められず、なかなか上達できませんでした。

学年が上がるとやたらと上手な後輩が入部してきて、影で「先輩下手じゃね?」と言われたりしていないか焦ったりもしました。

バンドそのものは楽しかったですし、ベースを弾くのも大好きだったので楽しい高校生活でしたが、大して上達を出来ないまま卒業を迎えました。

 

挫折を味わった大学生時代

進学先の大学でも音楽をやりたかったので、軽音楽部の新入生歓迎ライブを見に行ったのですがそこで僕は衝撃的な光景に出会いました。

「全員上手すぎる…この人たちプロなの?」というぐらい演奏が凄かったのです。

そして「ここで頑張るんだ!」と決意し、その軽音楽部に入部しました。

ですが、同期も上手な人達ばかりで(えっ?同じ年だよね?なんて思ったりもしました)、僕は空気のような存在でした。

先輩も同期も仲良くしてくれましたが、「音楽」において存在感を出せずにいました。

自分に対して虚しい気持ちになりましたし、もっと高校生の時に努力できる事があったんじゃないか?と自問自答する事もありました。

でも、バンドもベースも楽しかったですし、このままの自分では嫌なのでコツコツと練習に励みました。

少しずつですが上達をする事ができ、バンドに誘われるような機会が増えたり、「耳コピ教えてよ!」と頼ってもらえるようにもなってきました
(耳コピの添削レッスンをやっているのはこの時の影響が大きいと思っています)。

音楽の事で誰かに頼ってもらえるようになれたのは凄く嬉しかったです。

 

プロを目指す大学卒業後

大学生の時に加入したバンドがきっかけで、卒業後はプロを目指すバンド活動を始めました。

「こうしたら売れる!」という方程式のような物は存在しないので、手探りでの活動でした。

少しずつですが活動が実り始めて、ようやく音楽レーベルと契約し全国流通のミニアルバムを発売する所までたどり着けました。

その時のツアーファイナルはバンド史上最大の動員を出来たりもして、ようやく一つの達成感を味わいました。

 

伸び悩んでいる時に先生に出会い希望の光が見えた

バンドが少しずつ伸びているのに、「自分はの成長は停滞してるんじゃないか?」という気持ちが芽生えていた時期がありました。

今までは「こういう努力をしよう」「こういう練習をしよう」といったプランのような物を想像する事が出来ていたので乗り越える事が出来ていましたが、

今回は違いました。

どうしていいのか全く分からなくなってしまったのです。

バンドと自分のギャップに相当苦しみました。

そこで出した決断は「ベースを習いに行く」でした。

「誰かに習ったら負け!」というプライドを持っていましたがそんな事を言っている場合ではないので、とある先生が在籍している音楽教室にコンタクトを取りました。

その先生との出会いが私の音楽・ベース人生を変えてくれました。

今まで疑問に思っていた事や不安に思っていた事、全ての霧が晴れて希望の光が見えました。

毎回のレッスンが目からウロコで「何でもっと早く習いに来なかったんだ…」と激しい後悔をしました。

また、自分が出来ていると思っていた基礎が実は出来ていなかったりと、どうしたら良くなるか丁寧に指導をしていただき折れかけていた心が修復され、

再び自信を持ってステージに立てるようになりました。

 

なぜ私がレッスンを行っているのか

私はそれなりに弾けるようになるまでにかなりの時間が掛かってしまいました。

好きではあるものの、音楽や楽器演奏の才能があるとは言い難い方だと思います。

だからこそ、初心者の方や、なかなか上手く弾けない人の気持ちが分かります。

そして、「そういった方たちの力になりたい」「サポートをしたい」という気持ちでレッスンを始めました。

こんな私でもバンド活動を通じて全国のCDショップに作品が展開されたり、オリコンインディーズチャートにランクインしたり、ラジオ番組のエンディングテーマに選ばれたり、

ワンマンライブをやったり、SUMMER SONICに出演することもできました。

レッスンではこれまでの経験やノウハウを一切出し惜しみせずに全てお伝えします。

 

私の願いは、「基本的なテクニックの習得にやみくもに時間を掛けるのでは無く、センスやオリジナリティーを磨く時間をたくさん作って欲しい」ということです。

今現在の機材は安価でも良くできている製品が多いです。

なので「機材の差」というものはそれほどまでに大きくはありません。

機材も大切ですがそれよりも大切なのは、「テクニック」「ノウハウ」「音に対する考え方」です。

それらをスピーディーに習得したい方は是非ともレッスンを受講していただくことをオススメします。

 

この文章が、ベースを習おうか悩んでいるけど踏み出せない方にとって、何か参考になったり背中を押す事が出来ていたら幸いです。

長文を最後まで読んでいただきありがとうございました。

TAKUTO

スポンサーリンク
情報を確実にお届けするためにブックマークとフォローをお願いしています
I Love Fat Bass