【かっこいいベースラインを解析】311 / Come Original

 

ベース講師/トラックメイカーのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)です。

かっこいいベースラインの一部分を解析して共有したいと思います。

作曲でベースのフレーズに困っている方にもネタ集として役に立つので、ベーシストで無い方も是非ご覧下さい。

今回は、アメリカのバンド「311」の「Come Original」です。ベーシストは「P-Nut」さんです。

 

311 – Come Original

 

1:01〜1:11、スラップのフレーズをピックアップ。

 

2小節で一まとまりのフレーズです。

小節の最後を開放弦かゴーストにするのかが違います。

このフレーズのポイントは、32分音符のゴーストノートです。

32分音符のゴーストノートを入れる事によってスピード感が生まれつつ、よりパーカッシブな雰囲気を演出する事が出来ます。

最初の開放弦をサムピングしたら、左手で弦をミュートしつつ右親指を2弦まで一気に振り落とすのがコツです。 その流れで2フレットをプルすると良いです。

 

フレーズのストックを増やす事は大切ですので、是非コピーしてみて下さい。

収録作品はこちら。

 

それでは。

 

エレキベースのレッスンをやっています。詳細はこちら。

コメント