【ラルクのベースラインを解析】Still I’m With You

 

ベース講師/トラックメイカーのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)です。

L’Arc〜en〜Cielのベースラインの一部分を解析して共有したいと思います。

作曲でベースのフレーズに困っている方にもベースラインの考え方として役に立つので、ベーシストで無い方も是非ご覧下さい。  

 

スポンサーリンク

・楽曲「Still I’m With You」

今回は、「heavenly」の1曲目に収録されている「Still I’m With You」です。  

 

軽快に開けた感じが特徴の曲ですね。U2からの影響を感じさせます。

2Aのギターのブラッシングが好きです。

kenさんのオーバーダブのセンスはギタリストの皆さんに是非参考にしていただきたいです。

1サビ後のセクションのドラムの16分のフィルも好きです。僕はこういうドラムのフィルインが好物です。  

・ベースライン

3:34〜3:48、ラスサビ後半のフレーズをピックアップ。  

サビが16小節で一塊になっていてそれがラスサビでは2回繰り返されるのですが、前半と後半でベースラインが違うのがポイントです。

後半からラインを動かすことによって、サビをよりグッと押し出している印象を受けます。

前半のシンプルなラインも活きますしメリハリが出ますね。

ベースラインでこういった演出をする感覚は大切です。  

 

フレーズのストックを増やす事は大切ですので、是非コピーしてみて下さい。

収録作品はこちら。

 

それでは。  

 

エレキベースのレッスンをやっています。詳細はこちら。

コメント