TR-8Sのdecksaverカバーを買ったらサイズが合わなかった話

 

ベース講師/トラックメイカーのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)です。

 

先日、RolandのTR-8Sというドラムマシンを購入しました。

-【プチレビュー】RolandのTR-8Sの良い所とイマイチな点-

【レビュー】RolandのTR-8Sの良い所とイマイチな点
以前に「ドラムマシンをどれにするか悩んでいる話」という記事を書きましたが、悩みに悩んだ末に「Roland」の「TR-8S」にしたので、購入に至った決め手や、使用してみて分かった気になる点などを記事にしました。

 

そして、機材をホコリから守るために「decksaver」というメーカーのハードカバーを購入しました。

到着してからウキウキでつけたのですが、なんと…機材にカバーが被さらない事案が発生…

紆余曲折を経て返金したもらう形になりまして、今回はこの件に関して記事にしました。

 

スポンサーリンク

decksaverのカバーを買ったらサイズが合わなかった話

私はdecksaverのカバーをAmazonで購入しました。

 

商品が到着して「これで安心!」と思いつつ早速カバーをつけてみると…

なんと…

機材にカバーがハマらないではないか…

採寸が微妙に合っていないためか、四隅のどこかしらが大きく浮いてしまうのです。

 

返送手続き

一瞬怒り心頭モードになりましたが「ま、不良品に当たることだってあるよねえ」と、冷静になりつつ商品を返送。

Amazonでの商品の返送は簡単で、「注文履歴」から手続きをすればOKです。

返送理由を記入すると、返送用の伝票画面が出てくるのでそれをプリントします。

商品に同封する伝票をカットして箱の中に入れ梱包し、あとは記載されている住所に着払いで返送します。

同封する返送伝票の入れ忘れがないよう注意してください。

 

新しい商品が届くが…

Amazonに在庫が無かったらしく、少し時間が空きましたが新しい商品が届きました。

「今度こそ!」と思いつつ恐る恐るカバーをつけてみると…

なんと…

機材にカバーがハマらないではないか…

デジャヴ?

前回よりはマシですが、やはり四隅のどこかが浮いて機材にカバーがハマりません。

無理矢理押し込めばどうにか装着できるのですが、そうするとカバーを取るのが大変で逆に傷ついてしまいそうです。

 

返金手続き

また返送するか一瞬悩みましたが、当たりが出るまで繰り返すのが面倒になってしまい返金手続きに切り替えました。

こちらの手続きも簡単で、「注文履歴」から手続きをすればOKです。

そこで「返送」ではなく「返金」を選び、あとは上述した返送の時と同様のステップを踏めば完了です。

後日、クレジットカードの明細を見たらちゃんと返金されていました。

 

作っているメーカーが他になくて困る

無事に返金されたのは良いのですが、こういったハードカバーを作っているメーカーが他にないんですよね…

値段が上がっても良いので、日本で作ってくれるメーカーがあればありがたいです。

カバーなしではホコリが怖いのでせめてホコリ除けになるような物が欲しいのです。

ユザワヤ辺りにでも行って帯電防止布を買って自作しようと思います。

 

まとめ

decksaverのカバーを購入したのですが、「サイズ不良で返品」→「新しく届いた物もサイズ不良」→「キリが無さそうなので返金」という結果に終わりました。

たまたま運が悪かったのかもしれませんが、プラスチックのカバーなのにそこそこの値段がするので、もう少しちゃんと作ってもらえたらと思います。時間の無駄でした。

 

この記事がdecksaverのカバーを購入しようか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

サウンドハウス

 

それでは。ベース講師/トラックメイカーのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)でした。

 

YoutubeでもベースやDTMに関する情報、オリジナルのトラックを公開しています。

 

DTM全般
スポンサーリンク
情報を確実にお届けするためにブックマークとフォローをお願いしています
I Love Fat Bass

コメント