【DTM】壁に貼る吸音材について考える

 

ベース講師/トラックメイカーのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)です。

 

音楽制作をしている部屋の「音の反射」が気になるようになってきました。

なんだか「音にまとまりが無い」ような気がするのです。音が散らかっているイメージ。

モニタースピーカーはIK MultimediaのiLoud MTMを使っています。

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

 

渋谷にある「ロックオンカンパニー」というお店で試聴して購入したのですが、お店で聴いた時と家で聴いた時との感動に少し差があるように感じていました。

スピーカーのポテンシャルを発揮できていないような…

ロックオンカンパニーの試聴ルームはレコーディングスタジオのように「防音・吸音」が施されているので、自分の部屋も「吸音」するだけでも変わるのではないか?と考えたので方法を調べてみました。

 

スポンサーリンク

・吸音材を壁に貼る

「ウレタン素材の吸音材」を壁に貼るのがスタンダードなようでした。

SONEXというメーカーが定番のようです。

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

 

SONEX / 吸音材

 

どうやって壁に貼るんだろう?と調べてみたらこんな記事を見つけました。

吸音材を壁に貼る最も効果的な方法は?
先日、壁に吸音材のSONEX OPYR-2を貼り付けたのですが、一ヶ月と経たずに剥がれてしまいました。そのことをTwitterでつぶやいたところ、良い商品を教えていただいたので、ご紹介いたします。…

「ブチルテープ」と「マスキングテープ」を使うと良いようです。

 

 

「これにするか!」と思ったのですが、「壁に何枚も貼るの大変そう…」と怖気ついてしまいました(笑)

なので、他の方法を探しました。

 

・スタンド式の吸音材を買う

そこで見つけたのが、「スタンド式の吸音材」です。

「auralex」というメーカーから販売されています。

こちらもSONEXと同じく定番メーカーのようです。

 

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

 

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

 

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

 

置くだけで良いので超簡単ですが、ちょっとお値段がするのと、スタンドが嵩張りそうなのが気になるところです…

あと吸音材だけで販売されていないので(スタンドとセットで販売されている)、ウレタンが劣化して寿命がきた時にどうすんだよ…という感じなのでパス。

予算があって手軽に置きたい人には良い選択肢だと思います。

Youtuberのヒカキンさんのレビューが参考になります。

ヒカキンゲームズスタジオに吸音材を導入!

 

・吸音パネルを使う

設置が楽でコスパが良いのはないか探し続けると、PRIMACOUSTICというメーカーから「吸音パネル」が販売されているのを発見しました。

Primacoustic London Room Kit 新発売!部屋のサイズや形状にあわせて選べる吸音材セット!
日本ではスピーカーやマイクスタンドのアイソレーターで知られるPrimacousticがルームアコースティクを調整する吸音材のセット London Room Kitを発売しました! London Room Kitは部屋の規模に合わせたセット内容で 4ラインナップが用意されています。 魅力は薄さからくる扱いやすさと、同価格...

 

Before & After Primacoustic Treatment

 

これには以下のような「専用の金具」が付属していてます。

金具を壁に貼り、パネルを金具に引っ掛けるようにして設置する仕組みです。

 

この金具と「突っ張り棚」を組み合わせれば、壁に直接貼らずに設置できるのでは?と思いつきました。

 

コストはスタンド式の物に比べて掛からないですし、引越しの際は突っ張り棚を外せば良いだけなので楽チンそうです。

が、一つの懸念点が浮上。

それは「掃除が大変そう」だということです。

経験上、「網状」の物はホコリが溜まった時の掃除が非常に面倒に感じます。

どんだけ軟弱なんだよ(笑)と思われるかもしれませんが、できるだけ楽したいので違う方法を探します。

 

・グラスウールボードを使う

リサーチを続けていると以下のような記事を発見しました。

【コスパ重視】本当は教えたく無い最強の吸音材と吸音の重要性について解説! - 【業界のトップの作曲家が多数】音楽スクール&情報サイト-MusicViral

 

「グラスウールボード」が超コスパが良いそうです。

グラスウールボードはガラス繊維を綿状にして固めて吸音ボードで、レコーディングスタジオでも使われている吸音素材だそうです。

 

これなら壁に立てかけるだけで良いですし(もちろん貼ることもできます)、ガラス繊維の飛び散りさえ気をつければ掃除も簡単そうです。

吸音性能も高いらしく、何だかこれが良さそうな気がしています。

 

・新聞紙を使う

ちょっと番外編的な感じかもしれませんが、吸音材が無い場合は「新聞紙」でも代用できるようです。

プロが診断!間違いだらけのモニタースピーカーセッティング
自宅のモニター環境をアップするのは? 皆さんはこんな事を思ったことはありませんか? 「モニタースピーカーで鳴らした音と完成した2ミックス音源のバランスが変わっているように感じる」 「正しいモニタースピーカーの設置方法がわからない」 「どこにどういった吸音をすれば効果的かわからない」 こういったモニター環境の悩みは初歩的...

 

・まとめ

リサーチをしてみると色々な方法があることが分かりました。

・吸音材を壁に貼る

・スタンド式の吸音材を使う

・吸音パネルを使う

・グラスウールボードを使う

・新聞紙を使う

 

業者に頼んで施工してもらったり、防音物件など音楽をやる前提の部屋に住めればベストなのかもしれませんが、なかなかそうにも行きませんよね。

自分なりに工夫して環境の改善をしていければと思っています。

この記事がDTMにおける「吸音」について参考になれば幸いです。

 

※追記 グラスウールボードを導入してみました。メチャ良いです。

【DTM】吸音材としてGCボードを導入【おすすめ】
音楽制作をしている部屋の「音の反射」によって「音にまとまりがない感じ」がしていたので、吸音するために「GCボード」を導入しました。導入して感じた効果や購入方法などを記事にしました。

 

それでは。ベース講師/トラックメイカーのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)でした。

DTMに関する記事一覧はこちら。

Youtubeに無料で使えるトラックをアップしています。

 

サウンドハウス

DTM全般
スポンサーリンク
情報を確実にお届けするためにブックマークとフォローをお願いしています
I Love Fat Bass

コメント