DTM初心者が迷子にならないためのコツ

 

皆さんはDTMを始めたばかりの時って、どんな感じでしたか?

僕はいきなり巨大な迷路の中に入ってしまったように感じました。

「わけがわからん…」と。

曲を作るために意気込んでDAWソフトを購入したのに脳みそがフリーズしました。

今でこそサクサク使えますが、最初は苦労しながら操作方法を覚えました。

そこで、これから始めようとしているけど不安な方や、始めたは良いけど立ち往生してしまっている人のためにいくつかの道筋をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.Sleepfreaksのサイトを見る

 

SleepfreaksというDTMのスクールがあるのですが、使い方やtipsをたくさん載せてくれています。

DAWソフト以外にもプラグインの解説もしてくれているので、まずはここを見るのがオススメです。

 

2.YouTubeで検索する

 

YouTubeで使っているソフト名とhow to useで検索するとたくさんの動画がヒットします。

海外の方がたくさん情報があります。

英語でも字幕表示をすれば何とかなりますし、ソフトの画面が映っているので雰囲気で何となく分かるはずです。

 

3.教則本を見る

 

教則本を買うのもオススメです。

物にもよりますが、細かく解説されているので辞書代わりにも使えます。

マニュアルをそのまんま載せているだけに近いイマイチな物もあるので、楽器屋や書店で中身を確認してから購入するのが吉です。

あと、大型家電量販店にも意外とDAW関係の書籍が置いてあります。

 

4.手も動かす事が大切

 

これが一番大切です。

頭で理解するだけでなく、手も動かして動画で行われている操作を真似したり、本に書いてある事を実践したり、実際に手を動かす事が大切です。

手も動かした方が覚えるスピードが格段にアップします。

僕はそれに併せてノートにもメモして、自分オリジナルのマニュアルを作成しています。

 

5.最後に

最初からスイスイ使える人はほとんどいないです。

みんな時間を掛けて取得しているので、諦めずにコツコツと取り組んでみて下さい。

そして、カッコいい曲を作って世に出しましょう。

 

それでは。ベース講師/トラックメイカーのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)でした。

 

「takutils」という名義でテクノ系のトラックを配信していますので是非聴いて下さい。
気に入ってくれたら「buy」という所から投げ銭してもらえると嬉しいです(会員登録不要で出来ます)。

DTM全般
スポンサーリンク
情報を確実にお届けするためにブックマークとフォローをお願いしています
I Love Fat Bass

コメント