難聴予防や移動の疲労軽減には耳栓を使うのがオススメ

 

皆さん、耳栓は使いますか?

僕は耳の保護や疲労軽減のために日常的に使っています。

今回は、耳栓を使用する理由とオススメの耳栓を紹介します。

 

スポンサーリンク

・なぜ耳栓をするのか

・ライブハウスやクラブは大音量

僕はライブハウスやクラブに遊びに行く時は、必ず耳栓を装着しています。

理由は、大音量による耳へのダメージ軽減させるためです。

ライブを見に行った帰り道に「耳がキーン」とする経験をした事がある方がいると思います。

一晩寝たら治る事もありますが、最悪の場合は難聴になってしまう恐れがあります。

現代の医療技術でさえも一度失われた聴力を取り戻す事は不可能です。

せっかくライブに来たから耳栓をせずに楽しみたいという方もいると思いますが、末長く音楽を楽しむためには耳を守る事が必須です。

・電車やバスの中も意外とウルサイ

電車やバスでの移動中も耳栓を装備しています。

電車やバスの中って意外とウルサイのです。

付けている時は「これ意味ある?」ぐらいの効果に感じますが、耳栓を取ると全然違う事に気付きます。

肉体の疲労は耳からもくるので、こういった音量下にいる時に耳栓を使用するのもオススメです。

疲労感が全然違います。

 

・オススメはHOWARD LEIGHTのMAX LITE

僕のオススメはHOWARD LEIGHT社のMAX LITEです。50パック入りのを購入しています。

・良いところ

柔らかいスポンジでつけ心地が良くて、長時間装着していても圧迫感が少ないです。

ライブハウスやクラブでの音楽の聴こえ方の違和感も少ない所が気に入っています。

100円均一に売っている耳栓は、何故だかやたらと低域がブーストされて聴こえて違和感がありました。

シリコン製の音楽用耳栓も販売されているので試してみましたが、僕には違和感があったので使うのを止めました。音がキンキンとハウリングして聞こえる瞬間が多々あったからです。

また、落としても1個の値段が安いので精神的ダメージが少ないです。

シリコン製の方が1個あたりの単価が高いので落としてしまった時の精神的ダメージが大きいです。

・悪いところ

電車やバスのアナウンスは聞こえますが、話かけられた時に声が聞き取りにくい時があります。

また、この製品に限った話ではありませんが、スポンジ製の耳栓は基本的には洗っての再利用は推奨されていません。何回も使っているとヘタってくる上に耳が痒くなります。

シリコン製は洗って再利用出来るのが良いですね。

まあ、でもそこまで高い値段では無いので使い捨てでもお財布へのダメージは少ないですし、耳に何かあった時に通院する時間や費用を考えたら安い値段だと思います。

 

・まとめ

ライブで大きい音を生で楽しみたい気持ちも分かりますが、耳に何かあって取り返しのつかない事態になってしまったら大変です。

どんなに後悔しても聴力は戻りません。

耳を守りながら音楽を楽しみましょう。

 

こういうのは付けてみないと分からないことが多いので、色んな種類が入ったお試しパックを買ってみてどれが好みかを調べるのもオススメです。

 

他にもMOLDEXというメーカも有名です。

 

気に入ったのがあれば50パック入り等のまとめ買いをして常備しておけば安心ですし、コスト的にもお得です。

 

それでは。ベース講師/トラックメイカーのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)でした。

音楽
スポンサーリンク
情報を確実にお届けするためにブックマークとフォローをお願いしています
I Love Fat Bass

コメント