【ベースラインの作り方】煮詰まった状況を脱却する5つのアイデア

 

ベース講師/トラックメイカーのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)です。

今回はベースラインの作り方について解説します。

が、ルートがどうとかリズムがどうとかそういう話はまた別の機会にして、「煮詰まってしまった時」にどう脱却するか、アイデアを5つご紹介します

 

スポンサーリンク

1.リファレンスを聴く

よく「リファレンス」という言葉が使われますが、「参考音源」という意味合いで使われています。

ベースラインを考えている曲に近い曲調の音源を用意し聴いてみましょう。

アイデアが何かしら降ってきます。

全く違う方向性の曲を聞いてみるのも有りです。

上手く融合できたら面白いベースラインが生まれます。

 

2.ドラムを口ずさむ

ドラムのリズムパターンを口ずさんでみましょう。

口ずさみながら頭の中に主旋律を思い浮かべてみると、自ずとベースラインも思い浮かんできます。

ドラムと主旋律をベースで接着するようなイメージでやってみると良いです。

 

3.ボイスベース

一旦ベースはスタンドに置き、口で「ドゥンドゥン」とベースラインを奏でてみましょう。

これが意外と効きます。

ベースのフレットから離れる事により頭が柔軟になり、新しい発想が降ってきます。

恥ずかしがらずにやるのがコツです。アカペラグループのベースボーカルになりきりましょう。

 

4.好きなベーシストになりきる

自分の大好きなベーシストになったつもりでベースラインを考えてみましょう。

「◯◯さんならこうやって弾くんじゃないか?」と思いを馳せながら弾いてみれば、貴方の力になってくれることでしょう。

やや精神論かもしれませんが、何かをイメージするパワーは大切です。

 

5.寝る

冗談では無く真面目に言っています。

頭の中が老廃物でいっぱいになると集中できません。

しばらく思いつかないのなら、潔く寝て頭の中をスッキリさせましょう。

頭の中の老廃物を取り除くには睡眠が効果的です。

寝てリセットすると「さっきまでの苦労は何だったんだ…」と思うくらいスルリと出てきます。

 

6.最後に

いかがでしたでしょうか?

少しでも早く形にするために、こういった解決策を自分なりに幾つか用意しておくと躓きにくくなります。

何か参考になれば幸いです。

 

それでは。

 

エレキベースのレッスンをやっています。詳細はこちら。

コメント