【11月11日はベースの日】重低音をより楽しく聴く方法

 

11月11日は「ベースの日」という事で、SNSでは「#ベースの日」とハッシュタグを付けて愛機や好きなベーシストの写真をアップする投稿が多く見られ盛り上がっています。

多弦ベースはどうなんですか?5弦ベースの僕は仲間ハズレ?と自虐的な発言も見られます(笑)

そんなベースの日、プレイヤーというよりリスナー目線でベースの低音をもっと楽しく聴く方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.重低音系のイヤホンやヘッドホンを使う

 

ソリッドベースやエクストラベースといった、低音がより強く再生されるようにチューニングされたイヤホンやヘッドホンがあるので、それらを使うと迫力のある低音感を楽しむ事が出来ます。

秋葉原にe☆イヤホンという音楽好きには天国なイヤホン・ヘッドホン専門店があるのですが、そこに足を運び自分のお気に入りを探しに行くと楽しいです。

 

2.オーディオ用のスピーカーで聴く

 

イヤホンやヘッドホンで聴くのも楽しいですが、僕はスピーカーで聴く方が好きです。

スピーカーの方が音の広がりを感じられるからです。

僕はBOSEのCDコンポを持っているのですが、ウーハーという低音を再生させるのに特化したスピーカーもセットになっていて、そのスピーカーをオンにすると物凄い低音が再生されます。

ヤンキーの車みたいにズンズンいいます。

色んな種類のオーディオシステムがあって家電量販店に試聴しに行くだけでも楽しいので、是非行ってみて下さい。

 

3.イコライザーを使ってカスタマイズする

 

イコライザーを使えば音質をある程度イジる事が出来るので、自分好みにカスタマイズするのも楽しいです。

極端な例ですが、高音をバッサリとカットするとベースとバスドラムの絡みが聴きやすくなります。

バンドや曲によって好きなセッティングを探したりすると楽しくてあっという間に時間が経ってしまいます。

 

4.ライブハウスやクラブに行く

 

巨大なスピーカーから再生される音は本当に迫力があります。

クラブは特に凄くて、ベースを聴くと言うよりは「ベースを全身で浴びる」という方が表現がしっくりきます。

そんな中で飲むお酒は最高に美味しいです。

1人ぼっちで行っても全然楽しいですし、そこで友達ができたりもするので、気にせず1人で遊びに行きましょう。

 

5.最後に

ベースって一見地味ですし、再生環境次第では低音が全く聴こえてない事もあるのですが、歌やギター、ドラムを聴くのとはまた違った楽しさや奥深さがあってカッコイイパートなので、これを機に低音を聴く楽しさを知る人が増えたら嬉しいです。

 

それでは。ベース講師/トラックメイカーのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)でした。

エレキベースのレッスンをやっています。詳細はこちら。

音楽
スポンサーリンク
情報を確実にお届けするためにブックマークとフォローをお願いしています
I Love Fat Bass

コメント