TORAIZ SQUIDを買ってまずやったこと&注意点

 

ベース講師/トラックメイカーのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)です。

 

先日、Pioneer DJの「TORAIZ SQUID」というハードのシーケンサーを購入しました。

-Pioneer DJのTORAIZ SQUIDを購入した理由-

Pioneer DJのTORAIZ SQUIDを購入した理由
「DAWを使わずにハードウェアを使って曲作りをしたい」ということで、ハードのサンプラーとシーケンサーどちらを買うか悩んでいましたが、Pioneer DJのTORAIZ SQUIDを購入しました。購入に至った決め手を5点記事にしました。

 

少しずつ使い方が分かってきたのですが、まず最初にやった方が良いことと注意点を記事にしました。

 

スポンサーリンク

・ファームウェアをアップデート

バージョンアップで機能が増えているので必ずファームウェアをアップデートさせましょう。

アップデートするためのリンクはこちらになります。

やり方も上のリンクに載っていて、すぐに終わります。

バージョンの確認は本体の「GROBAL」ボタンを押して、ツマミを回していけば確認できます。

 

・アプリをダウンロード

「SQUID Manager」というアプリがあるのですが、これもダウンロードしておきましょう。

本機とPC/Mac間でシーケンス・パターンを即座にインポート / エクスポートできたり、プロジェクトをPC/Macにバックアップすることもできます。

リンクはこちらになります。

 

・注意点

最大の注意点なのですが、PC/MACと接続するためのUSBケーブルが付属していません。

それを知らずに購入して鼻息荒くして帰宅しても、PC/MACと接続できなかったら激萎えですよね。
(既にハードウェアオンリーな方は動作させるコトは可能です)。

僕は知らずに帰宅して「………」でしたが、プリンター用のUSBケーブルがあったので、それを接続して事なきを得ました(笑)

ちなみに、USBタイプBが対応。2.0に準拠した物を使用してください。

僕はこれを購入したのですが、問題なく使えています。

 

・まとめ

「TORAIZ SQUID」を購入した時に、まず最初にやった方が良いこと&注意点です。

1.フォームウェアのアップデートをする。

2.アプリのダウンロードをする。

3.USBタイプBケーブル(2.0準拠)を用意しておく。

 

TORAIZ SQUIDの使い方メモ一覧はこちら

 

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

 

それでは。ベース講師/トラックメイカーのTAKUTO(@TAKUTO_bassist)でした。

 

サウンドハウス

 

「takutils」という名義でテクノ系のトラックを配信していますので是非聴いて下さい。
気に入ってくれたら「buy」という所から投げ銭してもらえると嬉しいです(会員登録不要で出来ます)。

TORAIZ SQUID
スポンサーリンク
情報を確実にお届けするためにブックマークとフォローをお願いしています
I Love Fat Bass

コメント